ドクターシーラボ Casey STORE

2009年12月04日

Webブラウザを選ぶ・・・Google Chromeの魅力

インターネット初級者の場合、ブラウザはOSがWindowsならIE、MacならSafariが多いんでしょうか。ヘビーユーザーはFirefoxとかOperaとかLunascapeとか、色々選択肢がありますね。

KEN-NYEは最近、google chromeというのを使うようになりました。

そもそも、インターネットを触り始めたころは「モザイク」というブラウザで、その後Netscapeを長い間使ってたんですよね。UNIXとWin両方で同じインターフェイスなもので使い勝手がよかったんです。それが、仕事先でIEしか入ってない状況が多くなり、仕方なくIEへ。Operaも試したけど定着せず。

まあ、基本がIEなのはしょうがないんですが。サイト作ってたら、まずIEでどう見えるか、を基準にしますし。

何度か移行を考えつつも実行できず、結局IEにgoogleツールバーをインストールした状態で長い間使ってきました。


それが唐突にchromeへ移行したきっかけは、TwitterのクライアントとしてHootSuiteというブラウザタイプのものを使い始めたから。IEでやっているとデスクトップ型のTweetDeckより圧倒的に重く、使い物になりませんでした。

そこで、「これはブラウザが原因じゃないか?」と。

巷の評価を総合してみると、軽さではchromeがダントツです。
使い勝手については評価が分かれていますが、極論、HootSuite専用のブラウザとして使ってもいいんじゃないか、そのサイトに合ったブラウザを使い分ければOKだろう、ということでインストール。


結果。


軽っっっ!Σ( ̄□ ̄;)


今までの重さは何だったんだろう・・・・



って感じです。



「重い」とよく指摘されるSeesaaブログの管理ページもサクサクです(笑

GmailやYahoo!メールのようなブラウザ系クライアントを使うにも便利です。


ちょっと欠点。ブックマークが使いにくい。

いろんなサイトをブックマークして、階層化して整理して・・・って使い方には向いてないと思います。


が。


それを補う機能・・・


アドレスバーで、そのままgoogleの検索が使えます。

URLの一部だけを覚えている場合は、その一部を入力しただけで補完してサイトに飛んでくれたりします。

これ、超便利。


ブックマークを辿って、「あれ?あのブックマークはどこのフォルダにあったかな?」なんて探してるようなKEN-NYEには、ぴったりのツールかもしれません。


一度使ってみるといいと思いますよ。


ランキングサイトに参加してます。気が向いたら、ぽちっと一票おねがいします!

blogram投票ボタン

ブログランキング



posted by KEN-NYE at 10:00 | TrackBack(0) | IT/Web/Twitter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月02日

Twitterで発言する際、注意すべきこと

すべての「つぶやき」は公開されている



これ、忘れてる方がけっこういらっしゃるような気がします。
まあ最初から「ツイートを非公開にする」にしていない限り、発言のログはサーバに蓄積され、検索すれば誰でも見ることができます。

※ツイートを非公開に設定しても、設定以前にツイートされたものは外部から見られる可能性がある、という噂もあります。

※どこまで保存されているのかは定かではありませんが、過去ログをまとめて抽出するスクリプトを開発されている方が「3200行まで抽出に成功した」と書いておられたので、少なくともそれぐらいは残ると考えておく方がいいでしょう。


ネット上では当たり前のことですが、自分の情報をどこまで公開するか、っていうのはご自分でコントロールしてくださいね。悪用される危険性は充分にあります。また、他人の個人情報、プライベートを漏洩すれば、罪に問われる可能性もあります(今のところそういう例は聞いていませんが)。


一度発言したら訂正出来ない



いちおう、Tweetを「削除」する機能はあります。たとえば、文章がまだ途中なのに投稿しちゃったとか、タグが有効でなかった(半角スペースをあけていなかった)ので打ち直したとか、そういう時にはKEN-NYEも「削除」機能を利用しています。


が、Twitterには「RT」ってものがあるわけです。
「この人が、こんなこと言ってるよ〜」って、情報が飛んでいったら、もうその先は訂正できません。RTの繰り返しで、自分のフォロワー以外の多くの人にも伝搬しちゃってる可能性があります。こうなると、削除はできません。


もちろん、本当に間違いを流してしまったのなら、生中継で失言しちゃった政治家なみに必死であちこち説明して訂正してまわるしかないわけですが(この仕様については、現在仕様変更も含めて議論の対象になっている、という噂を聞いたような気もしなくない・・・って、どんだけ曖昧やねん)。
※公式サイトに「リツイート」というものが実装されました。これは気に入った発言を自分のフォロワーに「紹介」できるもので、リツイートされた元の発言を削除すると、リツイートされたものも全て消えるようです。しかし、リツイートを読んだ人がさらにRT(いわゆる旧RT)するとやっぱり残ってしまうので、気をつけたほうがいいのは変わりありません。


まあ、だからってそない怖がる必要もないとは思いますが。


KEN-NYEは、Twitterではブログに比べると圧倒的にフランクに発言してますが、一応意識はしてますよ。公開の場でチャットしてるような感覚でしょうか。たとえば、友人と会話するときに、閉鎖された空間で喋ってるのと、回りに人がいる公共の場で喋るのとでは、内容が違ってくるんじゃないでしょうか?


まあ、でも、肩肘張らずに楽しめるといいですね。
回りの発言をたくさん眺めていれば「どの程度の発言なら大丈夫なのか」とか、自分なりに掴めるようになってくるかと思います。



ランキングサイトに参加してます。気が向いたら、ぽちっと一票おねがいします!

blogram投票ボタン

ブログランキング
posted by KEN-NYE at 08:00 | TrackBack(0) | IT/Web/Twitter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月01日

自分のTwitterアイコンにサンタ帽を被せてみようw

相変わらずTwitterネタばっかりですいません。

12月に入って、なんか知らんけど回りのみんながサンタ帽被ってるぞ!?どないやっとんねん!?って方へ。

http://twibbon.com/

ここにアクセスしてみてください。(重いかも)


好きな帽子(というか、追加フレーム)を選んで、「support」をクリック。

Twitterでログインしていれば、認証画面が出ます。「許可する」をクリックすればOK。

(ログインしていない場合は、アカウント名とパスワードの入力を求められます)

サービスを停止すれば元のアイコンに戻せるみたいですね。


面白いです。
posted by KEN-NYE at 15:59 | TrackBack(0) | IT/Web/Twitter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月30日

Twitterを超快適にする!HootSuiteクライアントの紹介(初心者向け)

ここんところ、ギターの話が全然なくてTwitterばっかりなKEN-NYEです(苦笑

初心者向けTwitter講座もよろしく


Twitterを始めたばかりですと、公式ページからのアクセスがほとんどかもしれません。まあ公式を参照することは今後もあるでしょうし、見慣れておくのもいいでしょうけど、できればサッサと専用クライアントを使ってしまいましょう。


今回オススメするのは「HootSuite」というクライアントです。頭文字を取って「HS」と呼ばれたりもします。
アカウントの作成から、実際の使い方まで説明していきます。

使ってる時の画面はこんな感じです。(クリックすると拡大できます。ポップアップウィンドウを許可してくださいね。)

全体図.JPG


1HootSuiteのアカウントを作る



まあ、長い話はおいといて、http://hootsuite.com/にアクセスしてみましょう。

こんな感じになると思います。(画像クリックで拡大できます。ポップアップ拒否してる方は、「このサイトのみ許可」にしてください。)


ログアウト状態のトップページ.JPG

ブラウザ上で動作するソフトの場合、個人的な環境を保存するためにアカウントを作る必要があります。左上の方にある、黄緑色の「Sign up now」というボタンをぽちっと押してみましょう。



サインアップ画面.JPG


こんな画面が出てきます。情報を入力していきます。まあごく簡単な英語しか使われていませんが、念のため「どこの欄に何を入力すればいいか」赤字で書き込んでみました。


右上の、「Create HootSuite Account」をクリックすると、次の画面に進みます。

サインアップ画面2.JPG

これは、作ったアカウントに対して、Twitterのアカウントを登録する、という画面です。複数のTwitterアカウントを持っている場合もまとめて管理できて便利なんですが、まあとりあえず今持ってるアカウント名とそのパスワードを入力しちゃってください。入力できたら「Add」ボタンを押します。


サインアップ画面3.JPG


自分のTwitterアカウントと、アイコンが表示されていればOK。「Addなんたら」でさらに追加できますが、アカウント1個な方はそのまま「Finish」押しちゃいましょう。



※この後だか途中だか、メールアドレスの認証が必要だったような気もします(記憶が曖昧ですいません)。途中で、メールに記載された文字列の入力を促すような文章が出ますが、HootSuiteから送られた確認用メールのリンクをクリックするだけでOKです。よくある、「仮登録のお知らせ・・・このURLをクリックすると本登録が完了します」みたいな感じです。


2HootSuiteの初期設定をする




全体図.JPG


さて、晴れてアカウントを手に入れ、ログインして、

「!?ワシのは8割がた真っ黒(あるいはまっちろ)やんけ!」

はいすいません、ここからまだ設定があるんです。面倒くさくて本当にすいません。何事も最初の設定って面倒なんです。ご迷惑おかけします。

HootSuiteに成り代わって謝ってみました。



画面全体からいうと、左上の方に入力スペースがあります。

入力部アップ.JPG

この入力スペースの下に、タブを作成する「+」と書かれた青いボタンがあるので、それを押します。

タブ作成.JPG


こんなポップアップっぽいものが出てきます。
タブに名前を付けます。あとで変更できるので、とりあえずは適当でもいいです。
リフレッシュ(更新)の間隔も設定できます。最短の2分か、デフォルトの5分でいいかと思います。


次はカラム作成です。
(一定の条件を満たす発言を縦に並べたモノを「カラム」と呼びます)

タブの右端の方に、緑色の「+」ボタンがあるのでクリックします。


カラム作成1.JPG

「Twitter」を選択して、カラムの種類を選んで、アカウント選択して「Create Column」ボタンを押すだけです。

カラム作成2.JPG

カラムの種類はこんな感じ。

「HomeFeed」 いわゆるタイムライン。自分がフォローしている人の発言が、自分自身のものを含め全部流れてきます。


「Mentions」Replyされたもの、RTされたものがここに表示されます。まあ、文中に「@自分のアカウント名」が含まれるものが全部、ってことですね。

「Direct Message」Inboxはそのアカウント宛に届いたダイレクトメッセージ(DM)、Outboxはそのアカウント「から」発信したDMです。


とりあえず、最低限Home FeedとMentions、できればDirect Messageぐらいは作っておきましょうか。
(KEN-NYEの場合、DMのカラムは別のタブに配置してます。慣れてきたら、タブを使い分けて自分が使いやすいようにカスタマイズしてみましょう)。

3HootSuite、いよいよ使ってみよう




はい、これでもう一度全体像を。(ふう、あとちょっとですよ)
全体図.JPG


1ページに表示されるカラム数の最大は、環境(モニターの横幅)によって違ってくるようです。ちなみにうちは1280で4カラム。1680では5カラム表示できるそうです。ネットブックなどの狭い環境だと3カラムになるかもしれませんね。最大を超えると、スクルールバーが出てくるのでそれで移動すれば全部を見ることができます。
が、せっかくタブ切り替えができるので、なるべくタブ切り替えで対処する方が色々と便利かと思います、個人的には。


各発言の右上あたりにカーソルを合わせるとアイコンが出ます。公式と似た感じですね。それぞれ意味とか使い方は図に書き込んでいる説明を見てください。

次に、顔アイコン(or名前)をクリックすると出てくるポップアップ。

アカウントのポップアップ.JPG

まあ、図の方に書いてるとおりです。発言が気に入ったらその場でフォローしたりできます。


それから、誰かが興味ある発言をしていて、そこにハッシュタグが付いていたとします。文中のハッシュタグをクリックすると、

タグポップアップ.JPG


そのタグでの発言一覧が出てきます。
右下の「Save as Column」を押すと、そのハッシュタグを抽出したカラムが作成されます。しばらく見ていて、やっぱりいらないや、と思ったらカラムの右上にある「×」を押せば消せます。また、ドラッグでタブ間のカラム移動もできますので、後から色々整理できます。そうやって、自分が得るべき情報を分類していきましょう。


4さらに便利に使う




あと、「これを使うと、HootSuiteが超絶なほど便利になる!」というツールを紹介しておきます。

パソコン生活応援「今日のひとこと」
より。

HootSuite の操作快適化「Fix!」


まあとにかく↑のリンク先へ行って、説明の通りやってみてください。
アカウント一つだけの方や、サブアカウントがあっても発言に使うアカウントが一つの方は劇的に便利になります。


ブラウザにgoogle chromeを使っている方は、この「chrome拡張版 Fix!」が超絶おすすめ!というか、「Google Chrome + HootSuite + Chrome拡張 Fix!」はもう、他のクライアントの追随を許さないほど便利だと思います。

https://chrome.google.com/extensions/detail/libkeepfhbgiamhpajlgfcoljimloknk

※10/02/16追記・・・またまた調便利スクリプト。
http://chiepomme.at.webry.info/201001/article_9.html

TweetDeckにはできてHootSuiteにはできなかったこと。
それは「複数の相手にまとめて返信する」
TweetDeckでは、発言欄に@が入っている状態で返信ボタンを押すとそこに追記されるので、複数の相手への返信が楽にできます。HootSuiteだと、書きかけの内容がリフレッシュされるので、一つの発言で複数の相手に返信するためにはコピペするしかなく、数少ない不満点の一つでした。
このスクリプトを使えば、それも解決です。操作感としてはTweetDeckと変わりません。


5まとめというか追記




最後に・・・HootSuiteを使うメリットを、いくつか挙げておきます。

ひらめきブラウザ上で動作するタイプなので、いつでもどこでも同じ環境で使える

実際には画面の大きさが違うとちょっと表示が違ったりはしますが、家と職場、デスクトップとノートなど、独立アプリ系のクライアントだといくつもインストールしてそれぞれに設定しなきゃいけません。その必要がないのはブラウザタイプの長所です。


ひらめきマルチカラム&マルチタブである


マルチカラム自体はほとんどのクライアントが対応してるんでけどね(携帯用は除く)。いくつも並べて同時に見ながら・・・というのがTwitterの活用スタイルです。
でも、カラムが増えてくると横スクロールが多くなって管理が面倒です。
HootSuiteでは、カラムをさらにタブにわけて2階層で整理できます。しかもタブには名前が付けられます。たとえば「IT関連のカラムはIT関連のタブにまとめておく」といった感じです。カラムをたくさんつくりたい人には重宝します。私はカラムが40ちょいあります(苦笑)ので、


ひらめき短縮URLが簡単に使える

発言欄のすぐ下に小さなボックスがあって、そこにURLを入力して「shrink」ボタンを押すと、文中に短縮されたURLが挿入されます。
140文字の中で色々伝えるため、URLを短縮する場面は多いですが、専用サイトを開かなくても手軽に使えるのは大きな利点です。


ひらめき時間指定発言ができる

これはあまり使わないかもしれませんが、「Send Lator」というボタンを使うと、時間指定して発言することができます。定時のお知らせなんかに便利かも。


ひらめき今見ているページについて発言するブックマークレットが使える

右下の方にある「Get the Hootlet!」というアイコンをブックマークバーにドラッグすると、ブックマークレットを追加できます。この「Hootlet」で出来るのは、例えばブログを見ていて、「この記事をフォロワーさんに紹介したい」と思ったときにHootletをクリックすると、別窓が開いてそのページのタイトルと短縮URLの入った発言欄が現れます。そこで、ページに対するコメントなどを追記して投稿すれば完了。もちろん、chrome拡張「Fix!」による、アカウントの自動選択、Shift+Enterでの投稿は有効。Youtubeやブログ記事を紹介するのはほとんどこれでやってます。


ひらめき無料

まあ、PC用のTwitterのクライアントって多くが無料な気がしますけど。



デメリット

たらーっ(汗)ブラウザの性能にかなり依存する

ブラウザが遅いと反応が遅いし、ブラウザがクラッシュして止まると一緒に止まってしまいます。
もしIE使ってたら、google chromeに変えてみてください。劇的に速くなります。まさに超音速です(謎)。


たらーっ(汗)アカウント/パスワードがまた一つ増える

・・・・・どうせたくさんあるから、一つぐらい増えても変わらんよ、と思うのは自分だけでしょうか・・・・・
ただ、Twitterのアカウントを複数取ってもHootSuite一つで管理できるし、便利・・・なはず・・・です。


たらーっ(汗)コマンドとか表示が英語

でも、だいたい直感的にわかるようになってると思いますよ。
日本語化パッチを作れば、なんて話もありますが、操作を覚えてしまえばどうってことはありません。むしろ、「英語コマンドのクライアント使ってるぜ、Yeah!」ぐらいの強気で。
(ただし、内心で思うだけにしましょう、言葉に出すと変な人扱いされかねません。あ、KEN-NYEの場合は手遅れなので大丈夫です)

こんなとこかな。

長文駄文お付き合いいただき、ありがとうございました。





最後までお読みいただき、ありがとうございます。





リアルタイムで多彩な情報はtwitterで。(少々tweet多めな点ご了承ください)
ブログの感想・コメントも気軽にリプライください。




posted by KEN-NYE at 14:53 | TrackBack(0) | IT/Web/Twitter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月25日

Twitter有料化・課金問題について(重要追記あり)

本日、「Twitterが有料化される」というニュースが日本語Twitterを駆け巡り、「俺のつぶやきにも金がかかるのか」という懸念の声が上がっています。

しかし、心配することはない、と思います。

以下は、あくまで個人的な推測にすぎませんが、それを了承の上でお読みください。


Twitter課金の対象は、わかりやすくいえば企業です。
パソコンの通販で有名なDELL社が、Twitterの利用によって大きな利益を上げた、というニュースはご存知の方も多いかも知れません。


ニュースによれば、
詳細は公表されていないものの、ストーン氏はBBCのインタビューの中で、オプションの有料機能には、高度な分析サービス、そして、アカウントおよび訪問者の情報提供が含まれると示唆している。

とあります。

企業にとっては、自社のTweetからどんな反応が生まれ、それがどう利益に結びついているかを分析することが、次に利益を得るための重要な情報になります。
現状なら例えば短縮URLのクリック数をカウントする外部サイトを利用するなど様々な手間をかけなければいけない分析を、Twitter本体が提供してくれるとなれば、投資するだけの価値はあるといえます。また、定期的にTweetを発信するツールの提供などもあり得ますし、Twitter側は企業に課金させるだけの十分なサービスを用意するものと思われます。



さていっぽう、私たち一般ユーザーにとってはどうでしょうか。
確かにコミュニケーションできる、というのは素晴らしいサービスではありますが、経済的利益というほどのものを得ているわけではありません。課金するならやめてやる、と考えるユーザーも多いでしょう。


さて、そういう一般市民に課金してしまって、利用ユーザーが減ってしまったらどうなるか。企業にとっては、せっかく課金して便利に使っても、そのマーケット自体が縮小するわけです。これでは意味がありません。


私が「一般ユーザーがTwitterの有料化を心配する必要はない」と考える根拠はここにあります。


たとえばgoogleは、検索結果ページにおいて、その検索に対応した企業広告を掲載し、そこから収益をあげ、一般ユーザーには無料で情報を提供する、というモデルを確立しています。たとえばgoogleの検索が有料化されれば、ユーザーは他の検索サービスに流れ、利用者が居なくなれば企業は広告から撤退し、googleは存続の危機に立たされます。まあgoogleは「無料で運営する」ということこそが利益に繋がっていることを認識しているでしょうし、そのような行為はありえないでしょう。


Twitterについても同様かと思われます。確かに現状では「新しいスタイル」として普及しており、全世界で使われていますが、万一「全ユーザー課金」のような方向に進むなら、Twitterのシステムを真似た別のサービスが現れ、ユーザーをかっさらっていくでしょう。そのようなリスクを犯すほど、Twitterの経営者は無能ではないと、私は思っています。


mixiですら、一部に課金サービスを導入してはいますが、全ユーザにそれを強制はしていません。非課金者をサービスから追放しては、課金者すらも追い出すことになるのを承知しているからではないでしょうか。


Twitterが利益を生むシステムになること自体は悪いことではありません。その利益を設備強化やサービスの研究に再投資していけば、企業にとっても一般ユーザーにとっても利益となります。そういうWin-Winの関係が出来上がることを望んでいます。


ひらめき参考記事

2009Twitter、有料アカウントの開始の準備が整う

つぶやきを有料コンテンツに――Twitterに課金システム、来年1月から


11月28日、Twitterからこんな発表がありました。

http://blog.twitter.jp/2009/11/twitter_28.html

ガセ情報だったのか?やられた〜。


ランキングサイトに参加してます。気が向いたら、ぽちっと一票おねがいします!

blogram投票ボタン

ブログランキング
posted by KEN-NYE at 22:56 | TrackBack(0) | IT/Web/Twitter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初心者による初心者のためのTwitter講座・其の弐

「其の壱」はこちら

5.RT(ReTweet)を使う@


他の人の発言で、「RT: @〜〜」というのを見たことがありませんか?まあ、平たくいえば引用付きの返信みたいなものです。公式サイトには現在の所ありませんが(英語版の公式には一応ありますが、この使い方はできないようです)、クライアントソフト(Twitterを使うためのソフト、後述)なら確実に実装されています。

RTで引用返信すると、第三者にも会話内容が見えるので、さらに会話が広がる可能性が出てくるんですね。


6.RTを使うA

本来のRTはこっちだったのかもしれません。気に入った発言、大事だなと思う発言があったらそのままRT。さらにコメント付け加えてもOKですし。
(英語版公式サイトのRT機能は、この「そのまま」だけで、コメント付加ができないとのこと)


7.クライアントソフトを導入

正直いって、公式ページではいちいちブラウザをリロードしないと新しい発言が反映されないので億劫です。クライアントには、Webタイプ(そのウェブページにTwitterのアカウント・パスワードを入力することで使用するもの)と、アプリケーションタイプ(普通にソフトを使うのと同じ、ブラウザとは別に使用するもの)があります。
KEN-NYEはアプリケーションタイプの「TweetDeck」を使っています
※11月29日現在、Webタイプの「HootSuite」に移行中。

ひらめきHootSuiteについて、解説記事を書きました。
こちらからどうぞ。


TweetDecはマルチカラム(複列)といって、たとえば左の列は全フレンド(自分がフォローしている人)の発言、真ん中はリプライ貰ったもの、右は#kohmitweetタグ、みたいな感じで同時に並べて見ることができます。画面に収まらない列はスクロールできるので、私は10列ぐらい同時に出しています(画面内に収まるのは4列ですが)。気になるタグがあったら新しくカラムを作って、しばらく眺めて面白くなければ消したりを繰り返しています。

携帯用以外はたいていマルチカラムになっているようです。じぶんのお気に入りを探してください。

追記:TweetDecはインストールしたばかりの状態では英語のみ対応になっています。右の方にある「Setting」アイコンをクリック→「Colors/Fonts」タブをクリック→「International Font/TwetterKey」を選択すれば日本語が表示されます。ハングルなんかも表示されます(笑
こちらも参考にしてください。
http://ryumi.asia/39_1.html



ひらめき携帯の場合

TLを眺めるだけなら携帯公式サイトを使うのもいいですが、圧倒的にmovatwitter(モバツイッター)が使いやすいかと思います。


ひらめきi-Phoneの場合

すいません、持ってないのでわかりませんが、色々クライアントがあるみたいですね。TweetDeckもi-Phone用が存在するらしく、PCと同じクライアントが使えるのは便利かも。



8.フォロワーを増やす


フォロワー、つまり自分の発言を読んでくれている人を増やします。まあブログの読者を増やすのと似たようなイメージですね。「一方的に読んでるだけでもいいや、発言面倒だし」って方は無理に増やさなくてもいいと思います。3〜6で書いたような方法なら、自分をフォローしていない人とも会話ができますし。
逆にフォロワーを増やしたくない、フォロワー以外には自分の発言を見せない、ということもできます。「設定」のところに「ツイートを非公開にする」というチェックボックスがあるので、ここにチェックを入れて「保存」します。そうすると、誰かがあなたをフォローしようとしても、あなたが許可するまではフォロワーになれません。プライバシーを守りながら発言できます。

ひらめきチェックを入れないままだと、フォロワー以外からもあなたのプロフィールを辿れば発言を確認できます。人に見られたくない、隠れて眺めておきたい人は要注意。


KEN-NYEは目立ちたがりなのでフォロワーさん増えると嬉しいです(笑


相互フォローが好きな方もけっこういらっしゃるようで、そういう方にはフォローするだけで自分もフォローしてもらえたりします。
(KEN-NYEは、フォローされたからといって機械的なフォロー返しはしていません。通知メールのチェックが追いつかなくて、申し訳ないです。誰かのパクりっぽいですが、フォローして欲しい場合は@solo_guitarをつけて「フォローミー」と書いてもらえればたぶんフォローします。なくても勝手にフォローすることもあります)


あと、得体の知れない相手からフォローされて不快な時もあるかと思います。そういう時は「ブロック」しましょう。相手からは自分の発言が見えなくなります。スパム報告する機能もあります。どちらも、相手のプロフィールページから操作できます。

9.その他

色々ありますが、そのへんは勝間和代師匠がわかりやすく書いていらっしゃるので、そちらもご覧ください。
http://kazuyomugi.cocolog-nifty.com/private/2009/10/twitter10-e4b8.html
(あ〜、石投げないで〜〜〜たらーっ(汗))

KEN-NYEが書いた、こちらの記事もよろしく。

Twitterの素晴らしさとは・・・内包された浄化作用


ランキングサイトに参加してます。気が向いたら、ぽちっと一票おねがいします!

blogram投票ボタン

ブログランキング

posted by KEN-NYE at 10:00 | TrackBack(0) | IT/Web/Twitter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月24日

初心者による初心者のためのTwitter講座・其の壱

「とりあえず入ってみ、面白いから」


みたいな感じで誘われて、右も左もわからね〜よ、って方がたくさんいらっしゃると思います。

「何からはじめたらええねんexclamation&question


そんなレベルの方用。


0.最初に・・・以下の説明の中で、

AさんはBさんをフォローしてます。
Bさんにとって、Aさんは「フォロワー」

と呼んでます。

片思いフォローもあれば、両思い(相互)フォローもあります。



1.まずフォローを増やす

「あなたがフォローする人」をとりあえず増やします。目安は100人ぐらいでしょうか。
会員登録したときに、Twitter公式から有名人や企業やメディアのアカウントが推薦されたと思います。それをまず全部フォロー。

それから、リアルでもblogでもmixiでも、アカウント知ってる人がいたら探してフォロー。

あとは、会話とかで見つけて気になった人がいればどんどんフォロー。

KEN-NYEのアカウント「@solo_guitar」も遠慮なくフォローしてください。挨拶とか、抜きでも全く問題なしです。


ひらめき重要

mixiみたいに、相手の許可を取るとかいうルールはありません。勝手にどんどんフォローしましょう。
もし気に入らなければ、あとでフォロー外せばOKです。フォロー外すのにもルールはありません。また見たくなったらその時改めてフォローすればいいですし。


2.タイムライン(TL)を眺めてみる

Twitter公式ページでいうと「ホーム」です。あなたがフォローした人の発言がどんどん流れてきます。誰がどんな発言をしているのか、眺めてみましょう。企業とかよりも、普通の一般人が「いま起きたなう」とか「昼食は○○」とか言ってる分のほうが面白いような気がします。たくさんフォローすることで、みんながどんな発言をしているのかわかって、自分も「ああ、こんなつぶやきでいいんだ」とか見えてくると思います。


3.ハッシュタグを使ってみる

ハッシュタグというのは、半角#で始まる一連の文字列です。これを使うことで、同じハッシュタグを入れた発言をまとめて見ることができます。
とりあえずは「#followmeJP」「#kohmitweet」「#twinomi」あたりがオススメかな。

ひらめき具体的な使い方

以下、公式サイトを使っている前提で説明します。

とりあえず、「はじめまして、よろしくお願いします」とか文章を入れて、その後ろに「半角スペースを入れて」から、上記のタグ(#以降)をいれてみましょう。
(例:「今ビール飲んでます。 #twinomi」とか。)

それからブラウザをリロード(再読込)すると、自分の発言が表示されますね。そして、タグの部分が青くなっているはずです(なっていなければ失敗、どこか間違ってるのでやり直してみよう)。その青いところをクリックすると、同じハッシュタグを使っている人の発言がまとめて見られます。賑やかなタグは、流れを見ているだけで面白いです。
見てて雰囲気に慣れてきたら、チャット気分で参加してください。タグ付け忘れないようにね。


ひらめきついでに説明

#followmeJP・・・フォロワーを集めたい人が書き込んでいます。このタグで書き込んでいる人は遠慮なくフォローしちゃいましょう。詳しくはfollowmeJPの公式サイトへ。。
http://blog.livedoor.jp/followmejp/

#kohmitweet・・・歌手の広瀬香美さん(=部長)が提案されて一気に広がりました。つながる力倶楽部、という名前がついたみたいです(名付け親は副部長・勝間和代さん)。初心者向けTwitter教室という趣旨だったんですが、お互い助け合うような、楽しい雰囲気で盛り上がってます。

#twinomi・・・Twitterを通じたオンライン飲み会、みたいな感じです。夜、自宅とかで飲みながらみんな居酒屋みたいに雑談しています。
類似品で#wanabeerとか#airnomiとかもあります。


4.返信(リプライ)を使う

TLに表示された発言は、各行の右の方に「返信」というボタンがあります(普段は隠れていますが、マウスカーソルを合わせると現れます)。気になった発言があれば、遠慮なく「返信」してみましょう。もしかしたら、相手からさらに返信があって、会話が弾むかもしれません。
リプライが怖いという方は、@solo_guitar相手にリプライしてみてください。お返事できない時もありますが・・・


ひらめき自分に対する返信は、TLとは別に表示させることができます。また、フォロー関係にない相手でも、見ることができます。



続きはこちらにて。



ランキングサイトに参加してます。気が向いたら、ぽちっと一票おねがいします!

blogram投票ボタン

ブログランキング
posted by KEN-NYE at 14:17 | TrackBack(0) | IT/Web/Twitter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。