ドクターシーラボ Casey STORE

2012年10月09日

電卓を素早く打つ。経理事務、簿記、税理士、公認会計士など。

何本の指を使うのか。
右手で打つのか左手か。
電卓はどれを選べばいいのか。

いろいろ悩んできたんですが、答えを出してしまいましょう。

【指の数】



5本あるので5本と言いたいところですが、4本使いがベストです。ペンを親指で持って、残り4本で打ちます。

【右か左か】



右です。電卓は右手で触るように設計されています。パソコンのテンキーも右側にあります。
「右で答えを書くから左手」という考え方があり、しばらく試していましたが、ロスが多いです。
親指でペンを支えれば残り4本使えるので、両方右手で支障はありません。左手はページをめくったり、ちゃんと役割があります。
(左で文字を書く人も、逆に右手で電卓を触る方がいいかもしれません。左手で字を書く+電卓にしたい場合は、記事最後の項目をご参考になさってください)


【電卓はどれを選ぶか】



迷う余地があるのなら、私が決めてしまいましょう。
シャープのEL-N36です。



電卓の二大メーカーが、カシオとシャープです。
どちらを使うかで、好みが分かれるようです。
数字の配置が違い、シャープは「0」の位置がパソコンのテンキーと同じ、「1」の下です。その隣に「00」があります。
カシオは「1」の真下に「00」があり、その左隣に「0」がある独特な配置になっています。
慣れた人はこれが打ちやすいようですが、他メーカー(シチズン、キャノンなど)の電卓もシャープと同じ並びなので、私は無理にカシオ配列に慣れる必要はないと思います。そういうわけでシャープです。

そして、サイズも色々ありますが、小さいものは素早く打てません。大きすぎると持ち運びに不便です。
その他、さまざまな機能があります。最低限必要な機能、あれば便利な機能もありますが、あまりに多機能なものは資格試験の本番で使えなかったりします。

というわけで、経理やるならシャープのEL-G36が一番のおすすめです。
半端にに1000円、2000円の電卓に手を出すより、迷わずこれにしておきましょう。


【実際の指使い】



ホームポジションは絶対です。パソコンのブラインドタッチなら、右手人差し指がJ、左手人差し指がFからスタートします。
電卓の場合は、「中指5」がホームポジション、と覚えましょう。

そして、人差し指〜薬指の3本が、それぞれ1列を担当します。
具体的には、
人差し指=0、1、4、7
中指=00、2、4、8
薬指=小数点、3、6、9
数字キーの右側にある演算キー(+−など)は、薬指を使います。
また、数字キーの上にある特殊なキーは、それぞれの列の指が担当します。
これが3本使いのパターンですが、4本使いの場合は、小指で「+、−、=」を担当します。
小指は短いので、右上の方の演算キーは薬指で叩く方が速そうです。

ウォーミングアップに、こんな計算はいかがでしょうか。
☆1+9+8+2+3+7+4+6+5+5=(55)
☆123456789+123456789+・・・・・(9回繰り返すと1111111101)

【おまけ・左手を使う場合】


上のパターンの、人差し指と薬指が入れ替わり、小指の所を親指で叩きます。
ただし、「−」キーは親指では押しづらいので、人差し指にしましょう。

ただ、これだと小指が余るし、左利きだとペン持ちながらってのが難しいです。
左手でペン+電卓の場合は、割り切って親指をペン持ちに使い、小指を除く残り3本で電卓を打つのが順当な選択のように思います。




posted by KEN-NYE at 18:12 | TrackBack(0) | 日記諸々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。