ドクターシーラボ Casey STORE

2012年05月04日

「電気料金を1円だけ不払いする」という抗議手段

「原発で作られた電気は使いたくない」

そんな意思表示を、「不払い」という方法で示そう、というのがこの提案者の趣旨とのことです。
もちろん、契約に基づく電気の使用については支払い義務があります。
そこで、あくまで「1円不払い」。手順は以下の通り。

自動引き落としではなく、郵便振込にする。
振込用紙の連絡事項欄に、「原発を廃炉にせよ!」等のメッセージを記入する。
振込用紙をATMで処理すると、金額を読み取ったあと確認モードになるので、そこで「訂正」を押して1円少ない金額にする。
その後、不足分の請求が来るので、普通に払う。電力会社の職員が訪問してくれば、脱原発について訴える。


電力会社にとっては、たった1円でもあり、未収金でもあり、余計な催促コストがかかることになります。
少数であれば無視して済ませることもできますが、電力会社が無視できないほどの人数になればどうでしょうか?
デモとも、署名ともまた違った形での市民運動のアプローチ方法として、注目する価値があるかな、と思います。
興味を持たれた方は、実戦なさってみるのもよいかと思います。
詳細はリンク先にて。

出典・【東電不払い方法教えます】 ATMで1円少なく振り込む(田中龍作ジャーナル)
http://tanakaryusaku.jp/2012/05/0004224



最後までお読みいただき、ありがとうございます。





リアルタイムで多彩な情報はtwitterで。(少々tweet多めな点ご了承ください)
ブログの感想・コメントも気軽にリプライください。




posted by KEN-NYE at 01:47 | TrackBack(0) | 日記諸々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。