ドクターシーラボ Casey STORE

2012年04月09日

となりのはしもとさん

自分とこのトップじゃないとはいえ、おとなり大阪で知事をされていたので(最近は知事を後任に任せて、ご自身は市長になっていらっしゃいますが)、その政治判断が自分の生活にも響いてくる可能性は充分にあるので、気にはなっているわけです。

で、ですね。元々目に余る言動が、最近半端じゃないので、一度彼のことについて書いてみようかと思ったわけです。

まずは、この記事を書く直接的きっかけとなったビデオを一本張っておきます。
これは、市長となってはじめての、新入職員への訓示だそうです。




今日からね、皆さん早速公務員ですよ、公務員。
これはね、普通の民間人とはやっぱちょっと違う。
窮屈ですね、これは。公務員というのは。
それにいろんな所からいろんな事を言われるし。
それから公務員たる者、普通の民間人に比べて
やっぱりルールをきちんと守るということをしっかり示さないと。
これは皆さんが職場に就かれたらよく分かりますけどもね、

皆さんは国民に対して、命令をする立場に立つんです。
この民主的国家において、人から人に命令を出すなんていうのは
唯一、公権力を持った者。皆さんしかできないんですよ。

ウチなんか子どもにね、命令したって聞きゃしない。

それでも皆さんの命令にはこれから大阪市民はみんな従うんです。
そういうもんなんですね、公務員というのは。
だから命令にたつ側、しっかりルールを守らないと、
命令なんか誰も聞いてくれません。

ま、そういう意味ではね、ちょっと窮屈かもわからない。
プライベートな時間においても、
いろいろ気にしなきゃいけないこともいろいろあるでしょう。

でも皆さん、命令をする立場に立つというのは、
非常に重い仕事ではあるけれども、ものすごいやりがいがありますね。



「国民に対して命令をする立場」

はぁ?何を寝ぼけてるんだこの人は。
いや、あるいは聞き間違いか、と思いきや

「皆さんの命令にはこれから大阪市民はみんな従うんです」
「そういうもんなんですね、公務員というのは」


あちゃー。これがこの人の本音なんだろう。


日本国憲法を読み直してみよう。

第15条の2 すべて公務員は、全体の奉仕者であつて、一部の奉仕者ではない。


公務員てのは、「奉仕者」なんですよ。断じて「命令する立場」なんぞではない。
ところでね、橋下さん。あなたも「公務員」なんですよ。選挙で選ばれる「特別職」と呼ばれる公務員。
「全体に奉仕」する義務があるわけです。

そこでもういっちょ。

第99条 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ


憲法に違反する言動を繰り返す橋下さんは、市長とか知事とか公務員にはふさわしくありませんね。

大阪府、大阪市ともに、式典での日の丸掲揚、君が代斉唱を強化しているようです。
式典で取り上げるのはよしとしましょう。日本の国旗・国歌として法律で定められているわけですから。
でも、それに抵抗を持つ人がいるのも事実です。万人に「歌え」と強制するのはいかがなものか。

第19条 思想及び良心の自由は、これを侵してはならない。


聞くところによれば、ちゃんと口を動かして歌っているかをチェック、花粉症などでマスクが必要な人でも、マスクを外させてまでチェックするそうです。正直に言わせてもらって「キモい」です。そこまでやるか?そのほうが失礼じゃないか。
そもそも、「率先して心を込めて歌い上げなければいけない」はずの国歌斉唱時に、他人が歌ってるかどうかを気にするなんて不敬甚だしいです。

今上陛下が、国旗国歌について何と述べておられるか。

東京都教育委員会委員を務める米長邦雄は2004年秋の園遊会に招待された際、今上天皇に対し「日本中の学校において国旗を掲げ国歌を斉唱させることが、私の仕事でございます」と発言した。米長のこの発言に対し、今上天皇は「やはり、強制になるということでないことが望ましいですね」と述べた。
(Wikipedia日本語版、「国旗及び国歌に関する法律」より引用)


陛下も、「強制」ということについては危惧しておられるのではないでしょうか。

橋下さんや、他の人でもそうですが、「日の丸・君が代」を強制するのは、結局「日の丸・君が代」という踏み絵を使って、自分に従わない者を排除する手法ではないのか。「日の丸・君が代」を自己による支配の道具としているのではないか。
これって、国旗・国歌に対する最大の冒涜だと私は思うのですが、お読みのみなさんはいかがでしょうか?




彼の発言は、とにかく強気で極端です。
それで、「何かを変えてくれそう」という期待を持つ人が多いのかな、と思います。
時代に停滞感、閉塞感があるのは事実です。
だけどね、悪い方向に変えるぐらいなら、そのままの方がまだマシなんですよ。
あんな人に任せてたら、日本が北朝鮮とかヒットラー時代のドイツみたいになってしまいますよ。

彼の論法は「東大話法」という、たいそうな名前がついているそうです。
たくみな言論テクニックに誤魔化されないために、いくつかサイトやブログ記事を紹介します。

「橋下ワクチン開発室」
http://www.geocities.jp/miirakansu/vaccine.htm


「村野瀬玲奈の秘書課広報室」より
http://muranoserena.blog91.fc2.com/blog-entry-3311.html

 2 自分の立場の都合のよいように相手の話を解釈する。
 3 都合の悪いことは無視し、都合の良いことだけを返事する。
 5 どんなにいいかげんでつじつまが合わないことでも自信満々で話す。
 8 自分を傍観者と見なし、発言者を分類してレッテル貼りし、実体化して属性を勝手に設定し、解説する。
 9「誤解を恐れずに言えば」と言って、うそをつく。
10 スケープゴートを侮辱(ぶじょく)することで、読者・聞き手を恫喝(どうかつ)し、迎合的な態度を取らせる。
12 自分の議論を「公平」だと無根拠に断言する。
13 自分の立場に沿って、都合の良い話を集める。
15 わけのわからない見せかけの自己批判によって、誠実さを演出する。
16 わけのわからない理屈を使って相手をケムに巻き、自分の主張を正当化する。
17 ああでもない、こうでもない、と自分がいろいろ知っていることを並べて、賢いところを見せる。
18 ああでもない、こうでもない、と引っ張っておいて、自分の言いたいところに突然落とす。
20 「もし○○○であるとしたら、おわびします」と言って、謝罪したフリで切り抜ける。(安冨歩著、明石書店

(一部省略引用してます。全貌を知りたい方はリンク先へ)

その他、同じ「村野瀬玲奈の秘書課広報室」にある、「『対案を出せ』論法の問題点」シリーズも参考になります。

http://ow.ly/a9qH4


秋葉原月さん「バカ殿ネタ垂れ込み部屋」
http://akiharahaduki.blog31.fc2.com/blog-entry-943.html


橋下市長の大阪都構想を、きちんと考えてみる
http://miniosaka.seesaa.net/


最後までお読みいただき、ありがとうございます。





リアルタイムで多彩な情報はtwitterで。(少々tweet多めな点ご了承ください)
ブログの感想・コメントも気軽にリプライください。




posted by KEN-NYE at 16:57 | TrackBack(0) | おかたいはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。