ドクターシーラボ Casey STORE

2011年09月12日

被爆者医療に長年携わってきた医師が見た原発事故




被爆者医療に長年携わってきた著者が見た原発事故
福島原発事故で明らかになったのは、戦争による被爆を体験し、「世界で唯一の被爆国」であるからと、まるで核の被害について発言する世界最大の権威を持つくにであるかのように振る舞ってきた日本が、いかに核のよる被害に無頓着であったか、という事実ではないだろうか。

著者は、事故直後から福島の情報収集の努め、様々な場で事実を知らせる講演活動をしてこられた。この本はその延長上にあり、放射線被曝とは何か、私たちが誤解しやすいポイントをよく捉えて解説している。

電力需要がどうのこうのという前に、健康被害がどういうものか、人間が生きるとはどういうことか、まずはこの本を多くの方に読んで欲しいと思います。


posted by KEN-NYE at 20:43 | TrackBack(0) | お気に入りアイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。