ドクターシーラボ Casey STORE

2010年07月18日

平和行進、10日間

以前から、やってみたいとは思っていた平和行進、地元兵庫県内の通し参加。

今までにも、ほとんどのコースは歩いたことがあった。特に神戸市内。でも連続で歩いたのは、神戸の前後3日が最長。

全国通しの90日間からいえば9分の1なんだけどね。




そういうわけで、事前に長距離歩いてトレーニング…するわけでもなく、それでも5月6日の出発をはじめ、各地で行進に参加してきた。


兵庫県初日の7月7日は、大阪は豊中市役所の出発から参加。池田を経由して川西市役所へ。ここからが兵庫県のスタート。大阪から歩いてきた多くの人がここで終了。また新たな参加者たちと一緒に、全国通しの2人をはじめ何人かがそのまま昼食だけとって歩き続ける。ずっと晴れていたのに夕方になって急に雨、ギターを運搬車に預けて宝塚市役所へ。市長さんの熱い挨拶が印象的でした。
宝塚医療生協で歓迎会をしていただきました。


8日はその市役所から伊丹スポーツセンター、そして市役所にて昼食。夕方には尼崎市役所を経由して阪神尼崎駅前まで。2日間サンダルだったけど、ヤバそうなのでウォーキングシューズを買いに行く。丁寧なスタッフさんのおかげでピッタリの靴をゲット。

9日は尼崎市役所からスタートして、西宮へ…武庫川での市引き継ぎから雨模様。芦屋、そして神戸は東灘区に入る。映画「火垂るの墓」にも出てくる御影公会堂で終了。


10日はその御影公会堂から灘区、中央区と入って、神戸市役所、兵庫県庁を経て兵庫区役所、長田区役所、須磨区役所と進む。最後は須磨浦公園と、この日は晴天に恵まれました。その後、神戸医療生協で歓迎&激励会。

11日、須磨浦公園から。朝から降りそうな天気ではあったけど、昼の明石市役所では凄まじい風で帽子や傘が散乱。でも、明石焼きをご馳走になって大満足。最後は二見市民センターで解散。

12日は市民センターすぐそばの広場で出発集会。この日も雨模様。だんだんギターが邪魔になってきて、マイクだけで歌う。妙な感覚です。てかレアです。激レアです。
加古川市役所で昼食を取って、最後は高砂市役所まで。
足裏のマメが痛くて、10日に歓迎会してもらった長田の協同病院(医療生協)で治療してもらう。


13日は再び高砂市役所から、大塩で昼食を取って姫路市市役所、そして大手前公園(姫路城前)へ。
そして夜は大阪でバンドのライブ前最終リハ、と超ハード。

14日は、前日に途中休憩を取った飾磨駅前からスタート。
なんと警報が出る大雨で、歩き出してすぐに靴の中までびしょ濡れに。太子町での昼食時に靴下だけ交換したけど焼け石に水でたつの市役所へ。


ここから、新宮町(旧町、今はたつの市に編入)へ車移動。ここは昔から町あげて熱心に平和行進に取り組んで来られたそうで、沿道の皆様の反応が凄く好意的。被爆者に渡すための募金も、わずか1時間足らずで他の1日分を超える。
その後、地元の方が風呂屋へ案内してくれて、スッキリしたところで教会へ。
十字架の前で食事してビール飲んで寝ました。


朝食も地元の方の提供。教会から少しだけ歩いて、洗濯物を預かってくれた電気屋さんで受け取ると車移動でたつの市役所へ。一路相生に向かう。
この日は兵庫県でも最難関と言われる高取峠越え(忠臣蔵にも出てくる場所)…が、さすがに上り坂で歌うと息が上がるものの意外に平気。雨も小雨で、むしろ暑くないので歩きやすい。
赤穂市役所に着いてもまだ走れそうなぐらい元気でした。この日は全国通し、県内通しなどみんなで民宿に宿泊。最後の夜ということで有意義な合流ができた。

最終日は朝だけ降っていたけど晴れて暑い。昼は岡山県へ引き継いで、兵庫県の行進は終わり…のはずだけどせっかくなので継続して歩く。が、日生で力尽きた。最後は随行車に乗っての参加。軽く熱中症だったようです。水分欲しくないから大丈夫だろうと思っていたら、どうやら塩分不足だったようで、備前市役所に着いてからスポーツドリンクがぶ飲み+塩飴で復活しました。
塩は盲点でした。みなさん注意しましょう(笑)


さすがに10日連続歩くと人間成長しますよ、たぶん。それだけのためにでも価値あると思います。

しかし全国通しはすごい。この9倍だからね。しかも毎日ブログ書いて。
http://bun2010.seesaa.net/


俺もまた岡山県へ、そして最後の広島にも応援に行く予定です。
posted by KEN-NYE at 16:50 | TrackBack(0) | 日記諸々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック