ドクターシーラボ Casey STORE

2010年05月28日

「それ」の抑止力・・・在沖米軍の特殊性

ツイッターでゲットした情報の中に、こんなのがあった。

「それ」の抑止力 (内田樹の研究室) http://ow.ly/1QZmP


「それ」とは何か?本文では一切触れていないけど、この問題に「本気で」関心を持っている方ならすぐに「ああ、あれね」となると思う。


本文中からいくつかピックアップしてみる。

民主党政権が「期待はずれ」だったのは、政権交代前は
「できる」と思っていた政策的課題が「できない」ものであったことに


そう、日本の中には、タテマエ上の「民主主義」に対して、裏で「目には直接見えない支配の力」が非常に大きく働いているのではないか。
鳩山氏は、それを見誤ってしまったんじゃないか、という気がする。
首相になった時点で、あるいは選挙公約を述べていく時点で、鳩山氏がどこまでこの「裏の支配力」を予測していたかはわからないけど、おそらくそれは予測より遙かに強大で根深いものだったのではないか。


日本人が、本当に主権を国民のものにするために必要なのは、この「裏の支配力」を崩すことだろうと思う。



アメリカ軍の抑止力や東アジア戦略のだいたいの枠組みについては、官邸にいたって専門家からいくらでもレクチャーが受けられたはずである。
しかし、そのときのレクチャーでは「分からなかった」ことがあった、と首相は言ったのである。



つまり、政権に就かなければ、その存在すら知ることがない。
いったい何なのか。

韓国内の米軍基地は近年縮小されている。
それに対して、沖縄である。

韓国には置けなくて日本に、いや沖縄になら置けるもの・・・

「それ」だ。

「それ」に関する密約が存在することを、私たちは知っている。


密約の解明も鳩山内閣は掲げていたが、半端な結果に終わった。
「裏の支配力」に阻まれたのだろう。
沖縄の米軍基地問題についてもそうだ。鳩山内閣が「期待に添えなかった」ことに対する怒りは当然だし、批判もしていいけど、今まで表沙汰にすらならなかった部分に手を付けたことは高く評価すべきだし、鳩山内閣に対しても、今後こういった姿勢の内閣が他に出来たときにしても、この「裏の支配力」と闘おうという姿勢を、主権者国民は応援する必要があると思うのだ。国民の後押しもなしに、この強大な力と闘うことなどできるはずがない。


ところで、このブログでは言及されていないことだが・・・
鳩山内閣は「それ」の抑止力については、既に認める立場なのだ。
そして、同じく「それ」に頼ろうとしている国の一つに北朝鮮がある。

「あるかどうかわからない、というのが一番抑止力になる」

いったい、何を抑止するのだかよくわからなくなってくるけど、とりあえず「牽制」と言い換えればわかりやすいと思う。

オバマ米大統領は、「それ」を無くそう、と言い始めた。
「それ」が世界中に拡散して、相手も同じ力を持ち、相対的に無力になりつつある現実を直視してのことだろう。

ところが、国連で5月3日から始まった「それ」の取り扱いについての世界的な会議に、日本政府は代表を送り込んでいない。この事実が、鳩山内閣の限界なのだろう、と私は思った。


お付き合いいただき、ありがとうございます。





リアルタイムで多彩な情報はtwitterで。(少々tweet多めな点ご了承ください)
ブログの感想・コメントも気軽にリプライください。


posted by KEN-NYE at 14:21 | TrackBack(0) | おかたいはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック