ドクターシーラボ Casey STORE

2010年01月29日

フォローの際に気をつけたいアカウント

あなたにとってそのアカウントをフォローする意味があるか?


最近、相互フォローの文化を悪用してフォロワーを増やし、アフィリエイトなどの宣伝を呟く手口を見かけます。



こんな例がありました。


bot専用に使っているアカウントでは手作業でフォロー返しをしているんですが、一応相手がどんなことを呟いているかなどはチェックして、宣伝目的と思われるアカウントはブロックしています。

そのアカウントは、なんと無言。プロフィールも空白。なのにフォローが90ほど、フォロワーが30余りいます。何故?何の目的でこんなアカウントをフォローするわけ?
おそらく「相互フォローしなきゃ」ってことで、相手も見ずに機械的にフォロー返してる人が多いのでは?



で、そのアカウントをチェックしてたら(正確にはとあるフォロワーさんから指摘があって見に行ったんですが)、呟きはじめたと思ったらひたすらアフィリエイトのリンク。そして、フォロー数は40ほどに減っていました。


おそらくそのアカウントでは、一定時間待ってフォロー返しが来ないアカウントはリムーブして、新たに別のアカウントを狙っているのではないか。
(なぜわざわざリムーブするかというと、フォローが2000を超えたところで「フォロワー数の1割増(だっけ?正確には覚えてませんが)以上はフォローできない」という制限にかかるので、ひたすらフォローばかりを増やすわけにはいかないらしい)

そして、これは憶測に過ぎないが、その作業は自動化されていて、「一度設定すると勝手に動作して、後は放置しても儲かるツール」などとして、情報商材として出回りつつあるのではないか。
(正確な情報はありませんが、「相互フォロー支援ツール」的なものを宣伝してるユーザーがいて、複数で「スパム支援かっ」と突っ込まれたケースはあります)


ツイッターはコミュニケーションのためのツールです。あなたがそのアカウントをフォローして意味があるのか、考えてからフォローされてはいかがでしょうか?


私は、原則として、自分から興味を持ったアカウント、そして@返信やRTをもらった相手のみ、フォローをしています。また、「フォローしてもらうこと」を前提にフォローするのも違うと思ってます。「確実にフォロー返しします」といってフォローを求める人は、厳しく言えば自分に自信がないように見えてしまい、逆に「あまりフォローしたくないな〜」と感じてしまうこともあります。(あくまで私の考え方です、人様に押し付ける気はありません)


ツイッターに馴染むまで、まあフレンド(自分がフォローしている相手)やフォロワーが二桁ぐらいのうちはそうやって増やすのもいいけど(増えなきゃ楽しくないってのも事実)、タイムラインが全部追いかけられないぐらいになったら、焦らずじっくり「質の高い」フォローをしてみてはいかがでしょうか?


(携帯より)


posted by KEN-NYE at 00:16 | TrackBack(0) | 日記諸々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。