ドクターシーラボ Casey STORE

2010年01月25日

普天間「移設」なんて、スッパリ諦めればいいんじゃない?

稲嶺ススムさん当選おめでとう!今年最初の、全国的に注目を集めた選挙。辺野古沖の米軍基地建設の是非が争点となった沖縄県名護市長選は容認派の現職を破って反対派の新人が当選。これで、地元の民意はハッキリしたわけです。ミもフタもない言い方をすれば、目の前にぶら下げられた金よりも、平和な生活や自然環境を選んだわけですよ。



さてさて、これで宙に浮いたかたちになるのが普天間基地の移設。
世界一危険と言われてはや何年になるのだろう。
しかし、何年もかけて作り上げた辺野古への移設計画はこれでついに頓挫した。またゼロからやり直すのか?何年かかるんだ?


ところで「移設」ってなんだ?

宜野湾にとって必要なのは、どこかに普天間基地を持っていくことじゃない。
一日も早くあの危険な基地を閉鎖・撤去することだ。
どこに持っていくか、考えるのは、アメリカに任せればいい。というか、アメリカの軍事戦略のことまで、なんで日本が考えなきゃいかんの?


日本は、アメリカに対して、ただ一点。普天間基地の閉鎖を、即時にできないなら暫定措置として危険な訓練と米兵の基地外行動の制限、地位協定の見直しを即時実行。それを求めればいい。ただそれだけだ、と思う。


posted by KEN-NYE at 09:15 | TrackBack(0) | 日記諸々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。