ドクターシーラボ Casey STORE

2010年01月24日

それを諦めたところから新しい世界が見える。タイムラインを全部読もうとしている方へ。

ツイッターの初心者支援タグである #kohmitweet で色々お話を伺っていると、「フォロー増やすとタイムライン追えなくなるんですがどうしたらいいでしょう?」とか、「見逃したツイートを追いかけたいんですが遡れません」とか、「そんなにたくさんのフォローをしてどうやってチェックするんですか?」とかいう質問を、けっこう見かけます。

(以下「TL」はタイムライン、すなわちホームに流れてくるつぶやきの列を意味します)

え〜すいません、はっきりいいます。

TL全部追うのは無理



です。

もっと大胆に断言しちゃうと、

TLなんて全部見るもんじゃない



です。

そして、

TL全部見るという考えから開放された瞬間,Twitterの新しい魅力が見える


と、私は思ってます。

ただし、それを理解するには、TLが自動更新されるクライアントを使う方がいいと思います。

「ツイっぷる」解説 http://j.mp/5MQIqN
「HootSuite」解説 http://j.mp/815nPa


Twitterはその見かけのシステム上「ミニブログ」なんて呼ばれますが、ブログとの最大の違いは「即時性」です。これは「プッシュ型(待っているだけで情報が流れてくる)」であることとも深い関係があると思います(自動更新が必要なのはそのため)


TLのほとんどは、実は「大したことのない情報」で溢れています。誰かが起きたとか、犬の散歩に出発したとか、携帯どこ置いたっけ?とか。

もちろん、そういった独り言に反応してコミュニケーションするのがTwitterの面白さ。でもそれは、時間が経つごとに価値が薄れて行きます。だって「行ってきます」って言って家を出て、帰ってきた頃に「行ってらっしゃい」とリプライ(返信)が来ても変でしょ(たまに、だったら面白いけど)。


「そうは言っても、大事なことを見落としそう」という気持ちがあるかもしれません。

大丈夫。そこでRTです。

みんなが大事だと思ったことは、RTされる



(ここで言うRTは、公式サイトの「リツイート」は含みません。QTは含みます)
たくさんのフォロワーを持つ人(たとえば@kohmiさんは20万以上のフォロワーさんを持ってます)が注目すべき発言をすると、「同意!」とか[おお!」とか、時には何のコメントもなくたくさんの人がRTします。時にはハッシュタグを付け加えることもあります。それを見て、さらにまた多くの人がRTします。

この「RTの連鎖」によって何が起きるかというと、自分がフォローしている人の中にその発言をRTした人が何人もいると、見逃したはずの発言がRTによって目に入ることになります。

さらには、@RT_report なんていうbotアカウントもあります。botっていうのは要するに人工知能ですね。@RT_reportはたくさんRTされている発言を知らせてくれるので、Twitterの中で注目されている発言を知ることができます。それをさらにRTしてもOKです。

(余談ですが、公式リツイートは、この何度もRTされることによる重複を「冗長」と考え、複数の人がRTしても自分のTLに載るのは1回だけになっているようです。そのため、自分がRTしたものは自分のTLに載りません。この辺がユーザーの違和感に繋がっているように思います。)


なんかね、mixiとかアメブロみたいなSNS(アメブロはSNSじゃないのかもしれないけど)で、相手の日記を読むとか、コメント付けるとか、そういうものが義務化して、負担になって、疲れていくという姿を今までさんざん見てきて(自分自身も経験して)、Twitterにはそれがないところこそが魅力だと思ってるのに、まだmixiの感覚を引きずってらっしゃる方は多いのかな、と思います。相互フォローもその一つ。いや、相互フォローが悪いという訳じゃないんだけど(やっぱり相互にコミュニケーションするためにはお互いにフォローしあってる方がいいもんね)、フォローしてもらうことを目的に興味のない人をフォローしたり、フォロー返しがこないからフォロー外したり、ってなんか違うんじゃないかな〜と思うんですよ。


はい、え〜、長々とワケ分からんことを書いてきましたが、要するに一言でまとめると


細かいことは気にせんとユルく使え



ってな感じでしょうか。
(どんなまとめだw)

追記:どうしても見逃したくない、チェックしたい発言者についてはリストを使いましょう。


いやほんと、なるべく脱力して楽しんで使いたいものです。


長文お付き合いいただき、ありがとうございます。


ランキングサイトに参加してます。気が向いたら、ぽちっと一票おねがいします!


注※携帯でアクセスいただいている場合、投票いただけるのは上の「ブログ王」のみです。下2件のランキングサイトはPCからの投票専用となります。
blogram投票ボタン

ブログランキング



posted by KEN-NYE at 01:37 | TrackBack(0) | IT/Web/Twitter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。