ドクターシーラボ Casey STORE

2009年11月30日

Twitterを超快適にする!HootSuiteクライアントの紹介(初心者向け)

ここんところ、ギターの話が全然なくてTwitterばっかりなKEN-NYEです(苦笑

初心者向けTwitter講座もよろしく


Twitterを始めたばかりですと、公式ページからのアクセスがほとんどかもしれません。まあ公式を参照することは今後もあるでしょうし、見慣れておくのもいいでしょうけど、できればサッサと専用クライアントを使ってしまいましょう。


今回オススメするのは「HootSuite」というクライアントです。頭文字を取って「HS」と呼ばれたりもします。
アカウントの作成から、実際の使い方まで説明していきます。

使ってる時の画面はこんな感じです。(クリックすると拡大できます。ポップアップウィンドウを許可してくださいね。)

全体図.JPG


1HootSuiteのアカウントを作る



まあ、長い話はおいといて、http://hootsuite.com/にアクセスしてみましょう。

こんな感じになると思います。(画像クリックで拡大できます。ポップアップ拒否してる方は、「このサイトのみ許可」にしてください。)


ログアウト状態のトップページ.JPG

ブラウザ上で動作するソフトの場合、個人的な環境を保存するためにアカウントを作る必要があります。左上の方にある、黄緑色の「Sign up now」というボタンをぽちっと押してみましょう。



サインアップ画面.JPG


こんな画面が出てきます。情報を入力していきます。まあごく簡単な英語しか使われていませんが、念のため「どこの欄に何を入力すればいいか」赤字で書き込んでみました。


右上の、「Create HootSuite Account」をクリックすると、次の画面に進みます。

サインアップ画面2.JPG

これは、作ったアカウントに対して、Twitterのアカウントを登録する、という画面です。複数のTwitterアカウントを持っている場合もまとめて管理できて便利なんですが、まあとりあえず今持ってるアカウント名とそのパスワードを入力しちゃってください。入力できたら「Add」ボタンを押します。


サインアップ画面3.JPG


自分のTwitterアカウントと、アイコンが表示されていればOK。「Addなんたら」でさらに追加できますが、アカウント1個な方はそのまま「Finish」押しちゃいましょう。



※この後だか途中だか、メールアドレスの認証が必要だったような気もします(記憶が曖昧ですいません)。途中で、メールに記載された文字列の入力を促すような文章が出ますが、HootSuiteから送られた確認用メールのリンクをクリックするだけでOKです。よくある、「仮登録のお知らせ・・・このURLをクリックすると本登録が完了します」みたいな感じです。


2HootSuiteの初期設定をする




全体図.JPG


さて、晴れてアカウントを手に入れ、ログインして、

「!?ワシのは8割がた真っ黒(あるいはまっちろ)やんけ!」

はいすいません、ここからまだ設定があるんです。面倒くさくて本当にすいません。何事も最初の設定って面倒なんです。ご迷惑おかけします。

HootSuiteに成り代わって謝ってみました。



画面全体からいうと、左上の方に入力スペースがあります。

入力部アップ.JPG

この入力スペースの下に、タブを作成する「+」と書かれた青いボタンがあるので、それを押します。

タブ作成.JPG


こんなポップアップっぽいものが出てきます。
タブに名前を付けます。あとで変更できるので、とりあえずは適当でもいいです。
リフレッシュ(更新)の間隔も設定できます。最短の2分か、デフォルトの5分でいいかと思います。


次はカラム作成です。
(一定の条件を満たす発言を縦に並べたモノを「カラム」と呼びます)

タブの右端の方に、緑色の「+」ボタンがあるのでクリックします。


カラム作成1.JPG

「Twitter」を選択して、カラムの種類を選んで、アカウント選択して「Create Column」ボタンを押すだけです。

カラム作成2.JPG

カラムの種類はこんな感じ。

「HomeFeed」 いわゆるタイムライン。自分がフォローしている人の発言が、自分自身のものを含め全部流れてきます。


「Mentions」Replyされたもの、RTされたものがここに表示されます。まあ、文中に「@自分のアカウント名」が含まれるものが全部、ってことですね。

「Direct Message」Inboxはそのアカウント宛に届いたダイレクトメッセージ(DM)、Outboxはそのアカウント「から」発信したDMです。


とりあえず、最低限Home FeedとMentions、できればDirect Messageぐらいは作っておきましょうか。
(KEN-NYEの場合、DMのカラムは別のタブに配置してます。慣れてきたら、タブを使い分けて自分が使いやすいようにカスタマイズしてみましょう)。

3HootSuite、いよいよ使ってみよう




はい、これでもう一度全体像を。(ふう、あとちょっとですよ)
全体図.JPG


1ページに表示されるカラム数の最大は、環境(モニターの横幅)によって違ってくるようです。ちなみにうちは1280で4カラム。1680では5カラム表示できるそうです。ネットブックなどの狭い環境だと3カラムになるかもしれませんね。最大を超えると、スクルールバーが出てくるのでそれで移動すれば全部を見ることができます。
が、せっかくタブ切り替えができるので、なるべくタブ切り替えで対処する方が色々と便利かと思います、個人的には。


各発言の右上あたりにカーソルを合わせるとアイコンが出ます。公式と似た感じですね。それぞれ意味とか使い方は図に書き込んでいる説明を見てください。

次に、顔アイコン(or名前)をクリックすると出てくるポップアップ。

アカウントのポップアップ.JPG

まあ、図の方に書いてるとおりです。発言が気に入ったらその場でフォローしたりできます。


それから、誰かが興味ある発言をしていて、そこにハッシュタグが付いていたとします。文中のハッシュタグをクリックすると、

タグポップアップ.JPG


そのタグでの発言一覧が出てきます。
右下の「Save as Column」を押すと、そのハッシュタグを抽出したカラムが作成されます。しばらく見ていて、やっぱりいらないや、と思ったらカラムの右上にある「×」を押せば消せます。また、ドラッグでタブ間のカラム移動もできますので、後から色々整理できます。そうやって、自分が得るべき情報を分類していきましょう。


4さらに便利に使う




あと、「これを使うと、HootSuiteが超絶なほど便利になる!」というツールを紹介しておきます。

パソコン生活応援「今日のひとこと」
より。

HootSuite の操作快適化「Fix!」


まあとにかく↑のリンク先へ行って、説明の通りやってみてください。
アカウント一つだけの方や、サブアカウントがあっても発言に使うアカウントが一つの方は劇的に便利になります。


ブラウザにgoogle chromeを使っている方は、この「chrome拡張版 Fix!」が超絶おすすめ!というか、「Google Chrome + HootSuite + Chrome拡張 Fix!」はもう、他のクライアントの追随を許さないほど便利だと思います。

https://chrome.google.com/extensions/detail/libkeepfhbgiamhpajlgfcoljimloknk

※10/02/16追記・・・またまた調便利スクリプト。
http://chiepomme.at.webry.info/201001/article_9.html

TweetDeckにはできてHootSuiteにはできなかったこと。
それは「複数の相手にまとめて返信する」
TweetDeckでは、発言欄に@が入っている状態で返信ボタンを押すとそこに追記されるので、複数の相手への返信が楽にできます。HootSuiteだと、書きかけの内容がリフレッシュされるので、一つの発言で複数の相手に返信するためにはコピペするしかなく、数少ない不満点の一つでした。
このスクリプトを使えば、それも解決です。操作感としてはTweetDeckと変わりません。


5まとめというか追記




最後に・・・HootSuiteを使うメリットを、いくつか挙げておきます。

ひらめきブラウザ上で動作するタイプなので、いつでもどこでも同じ環境で使える

実際には画面の大きさが違うとちょっと表示が違ったりはしますが、家と職場、デスクトップとノートなど、独立アプリ系のクライアントだといくつもインストールしてそれぞれに設定しなきゃいけません。その必要がないのはブラウザタイプの長所です。


ひらめきマルチカラム&マルチタブである


マルチカラム自体はほとんどのクライアントが対応してるんでけどね(携帯用は除く)。いくつも並べて同時に見ながら・・・というのがTwitterの活用スタイルです。
でも、カラムが増えてくると横スクロールが多くなって管理が面倒です。
HootSuiteでは、カラムをさらにタブにわけて2階層で整理できます。しかもタブには名前が付けられます。たとえば「IT関連のカラムはIT関連のタブにまとめておく」といった感じです。カラムをたくさんつくりたい人には重宝します。私はカラムが40ちょいあります(苦笑)ので、


ひらめき短縮URLが簡単に使える

発言欄のすぐ下に小さなボックスがあって、そこにURLを入力して「shrink」ボタンを押すと、文中に短縮されたURLが挿入されます。
140文字の中で色々伝えるため、URLを短縮する場面は多いですが、専用サイトを開かなくても手軽に使えるのは大きな利点です。


ひらめき時間指定発言ができる

これはあまり使わないかもしれませんが、「Send Lator」というボタンを使うと、時間指定して発言することができます。定時のお知らせなんかに便利かも。


ひらめき今見ているページについて発言するブックマークレットが使える

右下の方にある「Get the Hootlet!」というアイコンをブックマークバーにドラッグすると、ブックマークレットを追加できます。この「Hootlet」で出来るのは、例えばブログを見ていて、「この記事をフォロワーさんに紹介したい」と思ったときにHootletをクリックすると、別窓が開いてそのページのタイトルと短縮URLの入った発言欄が現れます。そこで、ページに対するコメントなどを追記して投稿すれば完了。もちろん、chrome拡張「Fix!」による、アカウントの自動選択、Shift+Enterでの投稿は有効。Youtubeやブログ記事を紹介するのはほとんどこれでやってます。


ひらめき無料

まあ、PC用のTwitterのクライアントって多くが無料な気がしますけど。



デメリット

たらーっ(汗)ブラウザの性能にかなり依存する

ブラウザが遅いと反応が遅いし、ブラウザがクラッシュして止まると一緒に止まってしまいます。
もしIE使ってたら、google chromeに変えてみてください。劇的に速くなります。まさに超音速です(謎)。


たらーっ(汗)アカウント/パスワードがまた一つ増える

・・・・・どうせたくさんあるから、一つぐらい増えても変わらんよ、と思うのは自分だけでしょうか・・・・・
ただ、Twitterのアカウントを複数取ってもHootSuite一つで管理できるし、便利・・・なはず・・・です。


たらーっ(汗)コマンドとか表示が英語

でも、だいたい直感的にわかるようになってると思いますよ。
日本語化パッチを作れば、なんて話もありますが、操作を覚えてしまえばどうってことはありません。むしろ、「英語コマンドのクライアント使ってるぜ、Yeah!」ぐらいの強気で。
(ただし、内心で思うだけにしましょう、言葉に出すと変な人扱いされかねません。あ、KEN-NYEの場合は手遅れなので大丈夫です)

こんなとこかな。

長文駄文お付き合いいただき、ありがとうございました。





最後までお読みいただき、ありがとうございます。





リアルタイムで多彩な情報はtwitterで。(少々tweet多めな点ご了承ください)
ブログの感想・コメントも気軽にリプライください。






posted by KEN-NYE at 14:53 | TrackBack(0) | IT/Web/Twitter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。